ED治療でまず知っておくこと!

*
ED治療法・薬 勃起不全の原因と症状

ED治療でまず知っておくこと!


ED 治療
ED(勃起不全)は、男性が加齢とともに起こる大きな問題です。パートナーにとっては性的欲求不満の原因にもなります。男性の性機能障害は、SDと呼ばれることもあり混同されますが、EDは機能障害の一種です。

EDの症状は性器の陰茎(いんけい)の勃起に問題がある場合をいいます。EDは病気です。ED(勃起不全)について改善する方向でご紹介します。
 

ED治療の基礎知識

ED 治療EDの治療薬
EDの治療薬は、即効性のある「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」が処方されます。「バイアグラ」は血圧を下げる働きがある治療薬で、血管拡張因子(CGMP)の産生を促し、同時に血管拡張因子の分解を阻害する相乗効果の作用で働きます。

「レビトラ」は「バイアグラ」で効果を診なかった場合に処方され、効果を得ています。
 

ED 治療ED治療薬と高血圧
身体の疾患でEDと関係の深いものは高血圧です。高血圧とEDは密接な関係にあり、因果関係があります。高血圧が原因となる理由は、血圧が高くなると血管を傷つけ、陰茎の血流が減少し勃起に至らない理由です。

高血圧で医師にかかっていないなら、EDの治療薬は禁忌となり処方されません。血圧降下剤との相互作用があり、危険な状態になることもあります。
 

ED 治療EDと糖尿病
EDが発症する原因に糖尿病があげられますが、結論から言えば間違いの部分があります。生活習慣病の糖尿病は、様々な影響を体中に及ぼします。事実、EDを引き起こす原因にもなります。

しかし、糖尿病が直接の原因ではありません。糖尿病がEDを引き起こすのではなく、糖尿病から起こる症状や合併症によって、EDの要因になるのです。
 

ED 治療若年層のED勃起不全
ED(勃起不全)は中高年になってからの加齢現象と思われがちですが、近年若年層にEDの発症例が多く報告されています。若年のがかかるEDの要因は、心因的要素が大きく影響しています。男性の間違った知識や認識がストレスとなって、EDを発症させているのです。

例えば、若い男性には巨根願望があり、小さいとかなりのコンプレックスを抱え、強いストレスを感じています。この事も、若年層のEDの原因になっています。
 

ED(勃起不全)とはどのようなもの

彼は男女平等にやっていますが、それだけでなくいろいろな障害が伴います。男性が加齢とともに障害を受けるものでは、勃起不全(ED)もその一つです。

勃起不全(ED)は、男性にとって人間形成にも影響し、パートナーにとっては性的欲求不満の原因にもなります。

勃起不全とは、勃起機能障害や勃起障害のことをいい、以前は性的不能(インポテンツ)といいましたが、性差別といった誤解を生じやすいことから、性的不能はこれと区別するためにSD(Sexual Dysfunction)といいます。

男性の性機能障害は、SDと呼ばれることもあり混同されますが、EDは機能障害の一種です。EDの症状は性器の陰茎(いんけい)の勃起に問題がある場合をいいます。男性の性的欲求を満たせない原因はEDに問題があるだけではありません。

医療機関による調査では、40~50歳代の男性のおよそ50%がEDで悩んでいるとの調査結果があります。これは日本男性に限らず先進国では増加の傾向にあり、統計では男性のおよそ1割に当たります。

EDは加齢による原因が一番に考えられますが、先程の調査結果で先進国に多いことは、ストレスといった精神的要因も影響していると考えられます。

精神的要因はEDにどのような影響を及ぼすかは、勃起の仕組みである海綿体へ血液を送り膨張する作用が、交感神経を刺激し血管を収縮させ、血流を遮断すると作用があるとされています。
 

EDと心因的要素のストレス

ED(勃起不全)とは病気であり、これはストレスと機能の異常が、同時かどちらか単独で影響しています。最近は、加齢による物ものばかりでなく、若年層の発症が懸念されています。

EDの発症の一因として考えられていることに、ストレスを含めた心因的要素も影響が大きいです。

ストレスなど心因的要素は、交感神経を優位に立て、海綿体への血管を収縮させ血流が減少します。このストレスとなる原因は、性行為の失敗などがトラウマになっていることが考えられます。

これにはその人の性格が影響し、心因的要素の影響する性格は、几帳面でまじめな仕事のよくできる性格が多いようです。

また、夫婦間でのストレスでは「早く子供を作らなくては」「自分がリードしなくては」といった焦燥感やプレッシャーがあるようです。

加齢によるEDではなく若年層のEDの原因は、前述の「夫婦間のストレス」や「健全な性知識の欠如」「マスターベーションへの誤った知識」といった理由の他に、幼児期の生活環境からくるトラウマも考えられ、成人してからでは情報化社会の弊害も影響しています。

EDについてまず理解しなければならないことは、EDは病気で治せる病気ということです。この事は数年前に厚生労働省が呼びかけ、医療機関での治療も積極的にできるようになり、カウンセリングも行い認知度も高くなりました。EDについてこの事を理解して、積極的に治療に望みましょう。

EDは精神的な心因的要素が影響していますので、これを 克服することも重要です。事例ではパートナーに打ち明けただけで、EDが改善できた例もあります。
 

EDの治療薬と使用法

加齢はすべての方に訪れ身体を衰退させていきます。男性にはEDという症状があり、「男性の定年」とまで言われます。男性にとっては深刻な問題です。

数年前に宣伝された厚生労働省のテレビCMで、以前のイメージは払拭され、EDは「治せる病気」ということが認知され、医療機関でも積極的にカウンセリングなどが受けられるようになりました。

簡単な診断は、インターネットでもできるようになり、医療機関では質の高い治療法が確立しています。

EDの治療薬は、即効性のある「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」が処方されます。これらの治療薬について紹介します。

▼バイアグラ

「バイアグラ」は血圧を下げる働きがある治療薬で、血管拡張因子(CGMP)の産生を促し、同時に血管拡張因子の分解を阻害する相乗効果の作用で働きます。

血流は海綿体の筋肉の緊張と、周辺の小動脈の弛緩(ちかん)で血流を増やし、海綿体を膨張し勃起させます。

▼レビトラ

「レビトラ」は「バイアグラ」で効果を診なかった場合に処方され、効果を得ています。「レビトラ」も血管拡張因子を分解する酵素の働きを阻害することで、海綿体の筋肉や小動脈を緊張させ、血流量を増やし膨張、勃起に至ります。

▼シアリス

「シアリス」は「レビトラ」と同様の作用で働き、作用時間が長く緩やかに効果を現す特徴があります。「シアリス」は2007年に認可された最近の新薬です。

これらの治療薬はすべて保険適応外で、費用が高額になります。また、これらの治療薬はインターネットでも売られていますが、安易に使用することは危険で、死亡例も報告されています。

EDの治療薬を使用するには、医師の診断のもとで、医療機関の処方された治療薬を服用するようにしましょう。
 

まだある男性の悩み「包茎」

勃起不全とならんで男性の重大な悩みの一つが包茎です。仮性包茎ならまだいいのですが、真性包茎の場合は放っておくことはできません。やはり信頼できるクリニックで包茎手術する必要が出てきます。包茎手術 おすすめは知名度の高い上野クリニックとABCクリニックです。一度カウンセリングに来院してみてはどうでしょうか。
 

ED治療と高血圧の関係

男性の悩みにEDがあります。EDは心因的な要因もありますので、気にしすぎることはよくありません。しかし、放置するのもよくなく、身体の疾患が原因の場合もあります。身体の疾患でEDと関係の深いものは高血圧です。

高血圧とEDは密接な関係にあり、発症の順位は高血圧かEDかといわれるぐらいに因果関係があります。

高血圧が原因となる理由は、血圧が高くなると血管を傷つけ、陰茎の血流が減少し勃起に至らない理由です。調査によれば高血圧の方の1割の方がEDを発症する報告もあります。

高血圧といわれる血圧は、安静時最高血圧が170mmHg以上か、最低血圧が100mmHg 以上ある場合をいい、もしこの値以上の血圧があり、医師にかかっていないなら、EDの治療薬は禁忌となり処方されません。血圧降下剤との相互作用があり、場合によっては危険な状態になります。

EDの治療や改善は、まず高血圧の改善が優先されます。高血圧が続くとEDを悪化させ、動脈硬化症や心筋梗塞(しんきんこうそく)脳梗塞(のうこうそく)といった血管障害が原因の症状へ発展する可能性があります。
血圧コントロールはEDの治療にもなります。性行為中に心停止して突然死の可能性もあります。

EDの治療薬との禁忌とされているものには、心臓疾患に使う治療薬のニトログリセリンなどの硝酸薬(しょうさんやく)の併用できません。

EDの改善には高血圧の改善が優先され、血圧コントロールが大切になります。EDの治療薬と併用できないものがありますので、医師の指示に従いましょう。
 

EDと副交感神経が関係する勃起の仕組み

EDは加齢とともに発症が増加しますが、近年は若年層にもその症状は多く現れています。中高年の男性は生活習慣病との関係が強く、これの改善が優先されます。

EDの治療は近年確立されていて、早めに治療すれば完治できる病気になりました。パートナーとの相互理解と協力が必要です。

EDとは、勃起機能障害や勃起障害で勃起応対を維持できず、性行為に支障をきたす病気です。勃起しないその仕組みは、海綿体に十分な血流が不足することで、血流が遮断し、性交の途中でも衰えます。

これには交感神経が関係していて、その原因はストレスなどの精神的要因が影響しています。つまり、交感神経と副交感神経が勃起をコントロールしています。

交感神経とは外部環境から身体を守り、副交感神経は身体の外部へ作用するように積極的に働きかけます。EDを防止する方法としては、副交感神経を優位に立たせることで防ぐことができますので、気持ちをリラックスさせることが大切です。

副交感神経が性的刺激を受けると、脳内の勃起中枢に働きかけます。これを刺激するには、性器への直接適刺激や、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などから刺激を受けます。

副交感神経が刺激を受け勃起中枢から血管拡張物質が出て、海綿体の血流が増え筋肉や血管が膨張し勃起状態になります。EDの治療はこの血管拡張物質を補い、血流量を増やして勃起を助けるために治療薬を使います。

ほ乳動物にも見られる勃起不全

ED(勃起不全)は人間だけでなく、ほ乳動物にも起こります。陰茎を持つ動物はすべてEDの可能性があります。

動物の場合に心配されるEDは、家畜やペットのEDです。このケースは研究も行われていて、中には種の保存が危険視されるものがあります。

具体的な例では競走馬のEDがあります。競走馬は、レース中の事故などで、脊椎異常や脊髄の神経機能障害によって起こるEDです。脊髄の損傷は人間においても、EDを発症する可能性の高い症状です。同じく神経要害もEDの原因になります。

高等ほ乳類では、人と同様に陰茎の海綿体の血流量が増えることで勃起します。しかしその中には、陰茎骨という骨を持つものがいます。この陰茎骨は筋肉の働きで陰茎を伸ばし、交尾します。

このような自然の交尾によって、家畜の交尾は行わず、ほとんどは人工授精で行われています。これは、出生に確実性ができい、種の存続を脅かす危険性があるからです。

このように家畜などは、徹底した管理の中で種が保存されていますが、野生にいては淘汰されます。野生動物の交尾の場合は、EDなどで交尾できない動物は種が保存できないので、自然に淘汰されます。

ED(勃起不全)は動物にもありますが、この言葉は人格と理性のある人間だけに使う言葉であることを理解しましょう。